Blog

唎乃定期便 完売しました

2020年5月17日 at 08:00

日本酒とグラス「唎乃」がセットになった「唎乃 定期便」。
希少な美味しいお酒2本と、唎乃グラス1個を毎月お届けするサブスクサービスです。

日本酒グラス唎乃_SakeGrassKiKiNO

お陰様で大変ご好評をいただき、文字通りアッ!という間に完売しておりました・・・。
私がコロナ禍で日々変わる情報を追いかけ、決算書をコピーしまくるオーナーズシンドロームを患っている間、募集から数日でFIXしていたようです。こちらでの告知が遅れまして大変申し訳ありません。
この企画は菅原工芸硝子様(Sghr)、各蔵元様、酒販 マツザキ さんのご尽力あってのこと。本当にありがとうございます!

これは即完売ですよね、という素晴らしいラインアップはこちら。
PDF
https://www.sugahara.com/suglass/mail2004/kikino_teikibin.pdf
JPG
https://www.sugahara.com/suglass/mail2004/kikino_teikibin.jpg

唎乃についてはこちら
https://shop.sugahara.com/view/news/20200207122851

唎乃について少し・・・

私は、いつかテイスター人生をかけて「日本酒のためのグラス」に挑みたいと思っていました。
というのも、これまで名だたるソムリエやプロテイスター達は、いずれもガラスメーカーとコラボレートして、歴史に残るような名作グラスを残してきたからです。

そんな折、ずっと片思いだった菅原工芸硝子さんに開発パートナーに選んでいただきました。正直、これは田中人生年表に載る大事件。
ですから、強い覚悟で開発に臨みました。

日本酒グラス開発に携わることになってはじめて、お客様側として日本酒を味わう、ということをしっかりと意識化しました。ずっとELLASで日本酒を提供しながら考え、思い描いてはいたものの、あるものから選ぶのではなく、ゼロから形にするというのは本当に大変でした。

テイスターというのは、容器にかかわらず一定の量を口に入れるとか、液体そのものの味を抽出する、というトレーニングを積んでしまっています。しかしお客様というのは、ご自身の体格や姿勢、飲むときの環境など様々な要件により口への運び方や量に差異が出るのが普通です。

どう口内に流入すれば、香味を最適化できるか
そのためには、どういう形状が適切か
どうすれば “身体に選ばれる” か

ガラスという材料を知り尽くしたSghrの職人さん達に、九十九里の工房で夜な夜な試作を繰り返していただき「唎乃 KiKiNO」はできあがりました。長い長い道のりだったのですが(遠い目)、真っ赤な液体が形を定めしっとりと固まっていく様は、それはゾクゾクするような加工シーンで、うっとりと眺めていたのを思い出します。

そんな渾身の日本酒グラス「唎乃 KiKiNO」は、香味別に8種類の形状があります。
是非、日本酒と一緒にお愉しみいただきたいです。

「唎乃定期便」は続編も考えておりますので、次回はしっかりこちらでもご案内します!