Blog

Gear3rdも地に足ついたスタイルで。

2018年2月13日 at 13:53

ELLAS 2周年イベントも無事に終了しました。
全国から、海外からもお祝いの品を頂戴し、もう恐縮至極です。本当にありがとうございます。
これまで以上に精進することで、少しでもお返しできたら・・と思っています。

毎年インフルエンザが流行するこの時期は、家の中も日曜保育も(もはや保育と言おうキャンペーンw)厳戒態勢ですが、今年も、誰かが一人籠ってしんどい思いをすることもなく、気持ち穏やかな周年を迎えることができました。
普段は余り食べ飲み歩くこともできない身分ですので、イベント中は皆様とお話もでき、心地よい時間でした。

周年イベントでは、これまでELLAS・Sake’s Kitchenでお出ししたメニューから人気のペアリングを厳選してご提供。父ちゃんシェフ熟考の料理と、最も相乗すると思われる日本酒を選びました。

天然真鯛のサルサベルデ@ELLAS

2周年記念コースのメインは天然真鯛のサルサベルデ。※写真は試作分です

ELLASをはじめた頃は、まだあまり普及していなかった日本酒のペアリングという概念をしっかりとご提案しなければ、と考えていました。そのためには、ペアリングの腕を見せなければという思いが強く、今思えば、「あっと言わせなければ」、「驚きのあるペアリングを」と、少し勇み足だったかもしれません。

もちろん既成概念にとらわれないよう発想やセンスは、今後も磨いていかなくてはいけないと思っています。しかしそれ以上に、通ってくださるお客様との嗜好的なディスカッションの中で、美味しいの先に、私達「らしさ」が求められているのではないかな、と思うようになりました。なので、今年は王道な出汁と日本酒をメイン・ペアリングとし、そこに私達らしいちょっとした「工夫」を添えるような、オレオレじゃない、私なんかで良かったら、ただ、そっとお傍に置いてください的な(誰?)構成にしました。

日本酒業界において、トレンドや、マーケティング、政治的なことを意識する、させられるシーンは、実は多々あります。でも、この2年間のお客様とのガチンコ勝負というか、ランデブーというか、嗜好錯誤(うまいっw)な時間を経て、あまり自己表現をし過ぎても無理があるなぁ、と思うようになりました。

結局続かないからです。トレンドは変わる。マーケティングしても模倣され消費されて終わってしまう。ウケるかどうか、そこでインセンティブをとれるかどうかを考えている間に、食材や料理、醸してくれた人や土地、目の前のお客様、さらには、私達が本当にやりたい事まで、どこか置き去りにされているような気がしました。
それに、無理をしても、バレるんですよね。(←つまり性格的な問題・笑)

とはいえ、日本酒を食卓に届けたいなら、まず私が売れなければいけない、というのも間違ってないので難しいのですが。それが、第一になるといいことないな、と。(ややこしいですが売れたくない訳ではありません、と一応言っておきますw)

尊敬する飲食業界の方々にこういう話をすると「田中さんはほんと超現場主義だね~」と言われます。
そうかもしれません。実際にやり続けることで、分かることがあると思っています。
だから私は「評論家」にはなりたくなくて、「たまに来て口出す人」にもなりたくなくて、ずっと「作る側」であり続けたいと思っています。ELLASを経営し、数字嫌いなんだよなーとボヤきながら日々料理をつくり、日本酒を選び、お客さまを待つということを、粛々とこなしていたいです。

まぁ無理してもバレる単純な性格なので、無理なく、カッコつけず、政治やトレンドに流されず、これからも「美味しい」を追及していきたいと思います!
そしてもっと、毎日作っている人に(ここ重要)「日本酒と料理のペアリングって楽しいんでないの♡」と思ってもらえたらいいな、と。
なので、ずっと言い続けている「出汁と日本酒」という王道ペアリングや、私達らしくちょっと調子に乗ったペアリングまで、楽しみながら挑戦していきたいと思います。

さぁ、Gear3rd!
ただし、地に足のついたスタイルで。

Special Thanks xxx