Blog

だし割かん 発売によせて

2019年9月18日 at 15:03

昨日、東京日本橋三重テラスにて、だし割かん発売記者会見が行われました。メディア、バイヤー、酒販、など各業界の皆様方、お忙しいところ足をお運びくださりありがとうございました!

かつおの天ぱくの天白社長、半蔵を醸す大田酒造の大田専務の後、私も少しお話させていただきました。

特に、私がお伝えしたかったことは、監修するにあたり、ストーリーから入った訳ではないということです。

私はプロテイスターの誇りを胸に、最も相乗効果を上げる出汁と、酒を選別すべく、あらゆる出汁、酒を用いて数年にわたる試作を繰り返しました。
結果、出汁は「かつおの天ぱく」の鰹節、酒は「半蔵 神の穂 特別純米」が最も相乗効果を上げました。

期せずして、鰹節は伊勢神宮に奉納されており、酒は伊勢神宮の棚田でできた酒米で醸されており、「神に捧げるペアリング」となりました。その事実に一番驚いているのは、何を隠そうこの私です。

その後、その崇高で上品な旨みを軸にして、他調味料を合わせていきました。説明が必要ない、ただ細胞が記憶していたような香味に仕上がった時の感動は、今でも忘れられません。商品化するまでには、化学調味料無添加にこだわったがゆえに、品質保持の観点からさらなる長い年月を要しましたが、ついにこの度!こうして「だし割かん」という商品になった事、とても嬉しく思っています。

プロテイスターとして、香味で絶対的な判断をしてきた以上、あまりスピリチュアルなことは語りたくありませんが、御食と神酒、神人共食、という日本人のDNAが、伊勢神宮を擁する御食つ国・三重に辿り着いて、この出汁と酒、それにまつわる素晴らしい方々とのご縁を下さったのかもしれない、と今は思っています。

改めて、だし割かんについて「まさに伊勢志摩サミットから繋がる、御食つ国のレガシー」と、称賛・激励くださり、当日はビデオメッセージも下さった鈴木 英敬 三重県知事 をはじめ、全ての御縁のきっかけとなった三重テラスの皆様、お歳暮ギフトとして先行取扱をしてくださる株式会社高島屋様、何度もサンプルデータをとってくださったテイスター仲間の皆様、今回の商品化に関わって下さった全ての方に、深く感謝申し上げます。

Special Thanks.
2019.09.17 Sake’s Kitchen 田中 順子